一寸の虫にも舌先三寸

アクセスカウンタ

zoom RSS − タイトルなし −

<<   作成日時 : 2014/01/19 03:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今の世界は
 日本が敗戦まで戦った結果生まれた世界だ。
 その戦いについての評価はまた別にあるだろうが
 成り立ちとしてはそういう出来方をした。

 その結果
 当時の日本が属した枢軸国を「悪」、
 一方の連合国を「正義の味方」として定義した史観となった。
 悪と定義された者たちには戦争責任を取らせ
 「平和を乱した罪」とした。
 今までに聴いたこともない罪だが正義のためだから正しい。

 その枠組みは現代も変わらない。
 連合に属した国々の軍は正義の軍だ。
 何をしようが正義のためだから正しい。
 その名誉を傷つけることは
 「平和を乱す罪」に値する。


 ここで言う「正義」「正しい」という枠組み。
 その枠組みを維持するには
 常に「日本は悪だ」としなければならない。
 反日勢力がつけこんでいるのはまさにそこだ。

 日本はその枠組みに甘んじてきた。
 プラスに変えた部分さえあるが
 しかしそれは贖罪のようでもある。

 今なお謝罪しても蔑まれ続け
 賠償してなお金をせびられ続けている。
 70年経つ今もだ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
− タイトルなし − 一寸の虫にも舌先三寸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる