テーマ:雑記

 生きてる。  腎臓が悪くなったり  肝臓がちょっと悪くなったり  血圧が高かったり  血尿が出たりしたが  なんだかんだ、へいき。  信Onも継続中。  艦これも継続中。  最近ぐらぶりはじめた。  こんな掛け持ちで大丈夫か?  このあたりは要望があれば、なんか書くことにする。  もちろんうた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タディの考える、「大阪都構想」の敗因。

「大阪都構想」が敗れた。 大阪維新の会、あるいは橋下徹市長が敗れた ・・・と言い換えてもよいだろう。 開票結果は本当に僅差である。 この住民投票の時期によっては あるいは都構想は勝利したかもしれない。 私はまったく素人だし 大阪に住んでもいない部外者だが そんな素人が外から見ていて 「これが敗因ではないか」と思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 仕事柄  いろいろなエッセイや論説文を読む機会がある。  日々の生活や環境について  思うところを述べた文章なのだが  その中に政治を取り上げたものがあった。  日本の政府と欧州の政府の決定的な違いは  もちろんその民族性と立地に由来するものだ。  欧州の政府にとっては  多くの民族・国家と地続きであるがゆえに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 ずいぶん涼しくなった。  秋らしくなったというべきか。  ずっとこれくらいの気温が続けばと思う。  とりあえず私は生きている。  生きてはいるが書くほどのことは持ち合わせていない。  気力の欠如だろうか。  よって  Suara公式からライヴ情報をコピペしておく。 □タイトル Suara LIVE TO…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

静けさの象徴。

 「枕草子」は中学でも高校でも  古典の授業の題材としては定番で  日本における代表的な古典であり随筆、  筆者清少納言の価値観がそこに表れている。  有名な「春はあけぼの」のくだりに  「夏は夜」というものがある。  「月の頃はさらなり、やみもなほ」よいというのだ。  「秋は夕暮れ」のところでも  「日入り果てて」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諸行無常。

 右ひざのあざだけはまだ残っているが  それ以外は普通の生活。  額のアザもほぼわからない程度に。  そうしているうちにやたらと涼しくなり  「彼岸まで」といわれている通りになってきた。  もう10日ほどで9月も終わる。  この1年足らずで  日本は大きく変化せざるを得なかった。  いいことにしろ悪いことにしろ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

故障。

 PSクリニックに送ったPS3は  未だに「治って」こないし連絡も何もない。  そんなある日曜日  仕事場の飲み会があったのだが  同僚のK氏が完全につぶれてしまい  動けなくなったので  私が肩を貸して店外へ。  エレベーターを降り  とりあえず彼を店の前に下したところで  私の視界が突然黒くなった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

損失、そして改善、また損失。

 ここ一週間ほど回線の調子が悪く  自分なりに原因を考えてみた。  PS2とPS3の両方で  信Onを起動していると  回線の状態を表す画面右上のリングが  同時に赤くなるところからまずその原因は  ゲーム機本体側ではないことがわかる。  次にモデムは寿命があるもののようだが  これも以前交換してから  それほ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

たぶん4代目。

 電動シェーバーを新調した。  それもせざるを得なくなったから。  理由は2つ。  1つは充電池の劣化である。  1回の充電で1回剃るのがやっと。  ひげは濃い方ではないのだが  それでもぎりぎりになる。  もう1つは外刃が壊れたこと。  換え刃を買ってもよかったのだろうが  調べるのが面倒だったことと  も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不言不実行。

 台風は過ぎ去った。  しかし近畿地方の各地には  その大きな爪痕が残っている。  生活が一変してしまった人たちがいる中で  自分の周りは何も変わらないでいる。  やりかけの水道工事が  家の前でまたやかましいだろうという程度。  それは台風と何ら関わりがないことだ。  こういう感覚は  東日本大震災の起こった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緩慢。

 だんだんと風が強くなってきた。  関西在住のタディである。  とはいえ、まだ猛烈なほどではない。  備えとして雨戸を閉めてみたが  埃がひどく積もっていて手が真っ黒に。  普段いかに使っていないかがわかるだろう。  この地域はこういった台風が来ても  あまり被害が出ない地域ではある。  地形的なものなのだろうが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それも時代か。

 野田内閣が発足する運びとなった。  この「発足」という読みで  間違える生徒はあまりいないかもしれない。  年に一度の行事のようになっているから。  しかし「崩御」という読みでは  間違える生徒が多くいた。  元号が平成になったあたりでは  きっとそんなに間違いはなかったに違いない。  一方で内閣をはじめと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

転換に期待せず。

 民主党の次の党首が決まった。  とはいえ  もともと私はあの党になにも期待していない。  先の選挙でも投票は一切していない。  マニフェストに対して懐疑的だった  というのが一つの理由ではある。  「有言実行」こそが政治家の誠意であるならば  国民新党の方がまだ筋は通っている。  在り方としてどうかというのは別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何かを信じたくなる夜に。

 「上」という漢字を「かみ」と読むのは  それが「神」に通じているからだ。  天上には神々がいて  いつも我々人間を見下ろしている。  山が聖地とされたのは  その「神々の住まう天上」に少しでも近いからだろう。  科学技術の進歩で  我々はそれが幻想であることを知った。  月に天界人やうさぎなど住んでいないし …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディスタンス。

 上手く作れないものとして  最近の私が一番に挙げたくなるのは  他人との距離感である。  小学生あたりの児童は壁を作ることが少なく  こちらの壁も容易に乗り越えてくることが多いが  中学生にもなるとその壁を構築し始め  そして距離感を掴んでいくものなのだろう。  しかし  私はもともと小さいときから  壁を作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年初めて。

 私の部屋に黒いアレが出た。  もっとも嫌われている昆虫であるところのアレだ。  正確には  私が部屋にいたとき  母があろうことか私の部屋にアレを追い込んだのだ。  そして次の瞬間。  私のいる方向に向かって  テイク・オフしたその瞬間は正直戦慄した。  母に若干の呪いの言葉を投げつつ退治。  どんな殺虫…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あと一週間。

 平常運転に戻したとはいえ  極力、言葉を省くことにしようと思う。  伝わるかどうかは一つの挑戦だが  どうせ誰に見られているわけでもないから  実験場としてはちょうどいい。  残っていることが重要だ。  夏休みもあと一週間  ・・・というのは小中学生の話。  私たちには関係ないようなものだが  それでも尻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々に。

 平常運転に戻ってみた。  数日間頭痛に悩まされたが  それが天候によるものかどうかはわからない。  世間的には  間もなく日本のトップがかわるらしく  トップを走り続けた芸人が引退するらしく  また猛暑となるらしく。  関係ないようで関係あるような  関心がないとはいっていられないような  自分の周りの出来事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休み明け もみじと柚と じゃがッキー

 里帰りしていた学生が  お土産を手に戻ってきた盆休み明け。  広島と北海道と・・・あとどこか。  名物にうまいものなしなどと言われたこともあるが  最近はそうでもないのだろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕立が 視線を隠す 若木かな

 暑いといえばあいさつになる日々は  まだまだこれからが本番なのだろうか。  秋雨前線がすこし南下してくるという話だったが  それが続いてくれれば  電力事情も変わってくれよう。  そうして話がまたそれていく。  本当にしたい話はそんな話だったろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日は陰り 香立ち上る 夏の山

 昨日は伯母の初盆。  風があって日陰なら比較的涼しかった。  車で一時間ほどのところにある父の故郷。  こちらに比べると山の中で  気温も1~2℃低い。  住んでいる虫の声も風景も、違う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風巡り 普通でいいや 羽五枚

 割と普通の扇風機購入で解決。  それでもリモコン付き店頭現品限りのを。  首を振る時の音が  私の部屋にあるものより断然静か。  さすが日本製?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱風か 首が回らぬ 羽五枚

 母が普段居るリビングの扇風機が  首を振らなくなった。  借金が重なって大変なことになったわけではない。  ねじを外してみて  油をさしてみたりしたが効果なし。  どうやら首を振るためのモーターがダメになったようだ。  しかし買い替えようにも品薄の扇風機。  さてどうするか。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夕立に 期待もしたい 車中かな

 昼間は乗り込むのをためらう。  暑い、ではなく、熱いからだ。  車内は特に金属部分が火傷しかねない熱さである。  以前の車ならエアコンが壊れたりしていたから  まったくよくぞ乗り込んでいたものだと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あと5分 眠りたくても 暑すぎる

 汗をかくせいで  起きたら寝グセがいつもついているタディである。  イギリスで暴動が起きているが  同じことが日本では起こりうるだろうか。  そう思うと  日本人はおとなしいのか  それともエネルギーを失ってしまう程  みな搾取されているのか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立秋を 過ぎて働け 扇風機

 いよいよもってお盆までは  暑い日が続きそうな気配である。  雨が降ればそれはそれで蒸し暑くなるが  カンカン照りも勘弁してもらいたいタディである。  菅菅照りも菅弁してもらいたい  いや、なんでもない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

種明かし されて喜ぶ 浴衣かな

 タイトルを俳句という形にして一カ月になる。  毎日というほどではないにしろ  短い文なら続けられるようにはなった。  強い意志を持ち続けるのは難しい。  そう実感する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何事も なく甲子園 開幕す

 つらいときというのは  つらいように振舞っていても  なにも解決しないことが多い。  いつも通り  何事もなかったかのように  周囲が動かしてみるとよいかもしれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓参り 行列作る カラスかな

 奴らは賢いので  上空あるいは木の上で  私たちが墓参りを終わらせるのをまっている。  だが私たちも賢いので  供え物は置いていかず持ちかえるのだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more